株式会社ワンボックス|溶接機専門
HOME 設備案内 ご注文方法 会社概要 買取|お問い合わせ
    カートを見る
商品カテゴリー一覧
店主こだわりの
アイテム&設備
こだわりの
レストア&改造例
リンク お客様紹介
ヤフオク
アクセス店舗画像
【住所】
〒560-0894
大阪府豊中市勝部1丁目9-31
【TEL】
06-7659-8174
【FAX】
06-6855-1939
【E-mail】
as@one-box.net
マップ

大きな地図で見る


トップページ»  オークションのジャンク品にご注意!!
ジャンク品に
 ご注意
お知らせ

 最近のオークションの溶接機カテゴリには【ジャンク品】がよく出回っております。
このジャンク品がクセ者で、どうしようもない物も(修理すると
高額になる)中には多数有ります。

 Yahooオークションで
ジャンク機を買われて修理のご相談を受ける事が最近、あまりにも多いので皆様にご忠告致します。溶接機類は皆様が思っている程に簡単に安く修理する事はできません。部品も高いし、専門の知識と技術・経験がある業者でないと不可能です。 ご自分で修理できる可能性は本当に極僅かです。(特に複雑なインバーター機系)  「ダメで元々!」という気持ちで何千円で買うならいいんですが 「ちょっと手を加えたらこれ使える様になるんじゃない?!」と勝手に思い込んで手を出す人が多いのでお知らせ致します。最近、それらの修理のご相談が最近ほんとうに多いんです。

既に部品が手に入らない機種も有りますし、ジャンク機を修理してたら結局正常に作動するきちんと整備した物を当社から買ってた方が安かった!という事になります。 部品取り!や遊び半分?としてお考えならいいんですがこんなに争って大丈夫?という価格にまではね上がっている物をよく目にします。売る人は【ノークレームのジャンクで】と書いている限り価格が上がれば上がる程、ラッキーで責任も無くていいのですが…。買った人の大半は大損する事になる可能性が高いのであまり手を出さない方がいいと思います。


下記の様な文章にはご注意下さい…。

例:「先日まで知り合いの工場で使用していた物です。廃業の為譲って貰いましたが当方には使用する電源が有りませんので作動未確認です。よってジャンク扱いとさせていただきますのでノークレーム・ノーリターンでお願いします…。」

電源がないので(溶接機はだいたい200Vですので…)という理由でジャンク!というのはまず怪しいと思って下さい。
言葉の
に引っ掛からない様に気をつけましょう!壊れていてどうにもならないから知らないフリしてジャンクとして売っている物がいっぱいあります。買うなら覚悟して手を出しましょう!

Yahooオークションでよく見かける
注意しなければならないジャンク機↓

①ダイヘン 交・直両用TIG インバーターエレコンAVP-300 AVP-300(S-1) ※200/500A機も同じ。
②ダイヘン 直流専用TIG ミニパルス150(100・200V兼用機)VRTPM-150
③ダイヘン 直流専用 インバーターアルゴシリーズ
④Panasonic
交・直両用TIG TIG-STAR WXシリーズ
 
その他色々ありますが代表的な例です。修理内容にもよりますが10万円以上の修理費が掛かる場合も有ります。中にはどうやっても修理不可能!の物も当然有ります。そんな物に例えば5万円出してもドブにお金を捨てる様なモノです。
知識のない方がご自分で修理するのは危険です。間違えたら火災や人災の原因にもなります。また、ヘタにやると何度も同じ過ちを起こします。取扱説明書通りに、やると失敗して何万円も損します。
そんな人をいっぱい見てきました。


その溶接機、先日Yahooオークションで見たぞ!というのがよくあります。ジャンクを買って自分ではどうにもならないので買った人がまた【ジャンクで出品!】という感じでオークション上でグルグル廻っている物がいっぱい有ります。

溶接機の修理は何千円では不可能です。皆様が思っている程、安く修理する事は出来ません。(2万円程度の出費位なら…)と勝手な自己判断をよくされるのですが無理な場合が絶対に多いです。素人の方が想像している金額内ではまず収まりません。溶接機類の部品は高価な物で例えば8万円の修理代のうち6万円近くは部品代です。(何でも中古部品が有るとは限りません。)上記の4機種もだいたい壊れる個所は決まっていて一次側又は二次側のパワートランジスタモジュールが何個かパンクして出力しなくなった場合の修理になります。パンクしたトランジスタだけを交換しても必ずまた直ぐにパンクします。同時にドライバー基盤の修理又は交換及びその周辺のダイオード類の点検・交換をしなければなりません。またメインの制御基盤も壊れていたらもっと多額の修理費になります。 簡単なもんじゃないんです。

一度修理サービス店に廻って「修理不可能」として返ってきた故障機(ジャンク機)はもっと
最悪な物があります。中身をグチャグチャにされていたり、壊れていない個所まで壊されたり、基盤を壊れた物に替えられてたり。という機械を私は多く見てきました。ジャンク機は外装の部品やスイッチ類の部品取り機としてお考えになった方がいいと思います。ジャンク機を生かせようとすると多くのリスクがあり、やればやるほど損をする事に繋がる覚悟が必要です。

ジャンク機はそれだけリスクを伴います。例えば当社でフルOH整備品がフルセットで28万円で有ったとします。同機種がアークは出ますが何かが調子悪いのでジャンクで…!という中途半端な物が最終
10万円で争って買えたとして修理して直しても結局、後々高い買い物になると思います。修理って壊れた部分だけを直す物で当社の商品の様な徹底的な整備はしません。チエックポイントってたくさん有るので見落とすとまた直ぐに壊れます。よってジャンク機にはくれぐれもご注意くださいね!